moonlight & sunshine

海外ドラマ etc.

舞台シーンが泣かせる『プロデューサーズ』

f:id:moonlight3:20210101025603j:plain

 

昨日はミュージカルの魅力について熱く語りました。今日は落ち着いて行きます(笑)

 

ミュージカルには不思議な力がありますよね。コメディー作品で時々起こる現象なのですが、一瞬前までゲラゲラ笑っていたのに、突然泣ける。まるでスイッチを押されたかのように、出所不明の物凄い感動が襲ってきて、ポロポロ涙がこぼれるのです。これには歌と、舞台特有の熱気が関係していると思います。

 

今日ご紹介する『プロデューサーズ』も、そんなミュージカル独特の魔力を感じる映画です。先日ウィル・フェレルの記事でも言及した作品。ストーリーを少しご紹介すると...。

 

f:id:moonlight3:20210101025611j:plain

 

舞台を失敗させることで金儲けができると知った、落ちぶれプロデューサーのマックスと会計士レオ。失敗必定のミュージカルを作ろうと、最悪の脚本・最低の演出家・使えない役者をかき集めます。そして臨んだ本番ですが...。

 


プロデューサーズ コレクターズ・エディション [DVD]

 

悪ノリが過ぎるぐらい濃い~い演出、役者も顔芸・体芸が凄く、出てくるだけで笑えるような人たちばかりの爆笑ミュージカルです。

 

f:id:moonlight3:20210101025619j:plain

 

この人たちが舞台の準備を進めている間は笑わされっぱなしで、涙の一粒もこぼれません。このまま最後まで行くのだろうな...と思っていたら、本番の舞台、つまり劇中劇が始まって暫くしたある一点で、突然、「え、なに?」という感動が押し寄せてきました。

 

ネタばれになるので詳細は書きませんが、私は久しぶりに「キターー」とうなりました。こんなにガチャガチャした面々で、一切泣ける要素がないというのに、「失敗必定」とされた舞台のさなかで泣きのスイッチを押される。

 

やるな、『プロデューサーズ』...。この舞台のシーンが感動的すぎて、その後DVDで何十回も見ました。

 

f:id:moonlight3:20210101025628j:plain

 

ところでこの映画、実はリメイクなのです。ちょっとややこしいですが、経緯を説明すると...。

 

最初の映画『プロデューサーズ』は1968年にアメリカで公開されました。2001年には同作の監督、メル・ブルックスが自らミュージカル化し、ネイサン・レインマシュー・ブロデリックを主役に迎えて上演しました。

 

これがトニー賞の12部門を受賞する大ヒット作に。そのミュージカル作品を基にして再度映画化したのが、今日ご紹介した『プロデューサーズ』なのです。主役はミュージカル舞台の初演時と同じ、ネイサンとマシューが務めました。

 

f:id:moonlight3:20210101025641j:plain


とにかく面白かった。ネイサン・レインは本当に芸達者な人です。

 

私のお気に入りキャラは脚本家・リープキンと、演出家・ロジャー・デ・ブリー。ロジャーの恋人カルメン・ギアも最高です。

 

☆Data☆

タイトル:プロデューサーズ

出演:ネイサン・レインマシュー・ブロデリックほか


プロデューサーズ コレクターズ・エディション [DVD]

Amazonプライムで見る:プロデューサーズ (字幕版)

Amazonプライムビデオ無料体験はこちら:Amazon Prime Video無料体験

 

☆お薦めのコメディー映画☆

moonlight3.hatenablog.com

☆お薦めのミュージカル映画

moonlight3.hatenablog.com