moonlight & sunshine

本と映画で今日も夜更かし。

謎めいたミステリー『隠された記憶』

f:id:moonlight3:20210115191236j:plain

 

ミステリーとは本来謎めいているものですが...(笑)

 

ミステリーが大好きなAoiです。

 

時々、結末がはっきりしないまま終わる映画がありますよね。「後は皆様のご想像にお任せします」というタイプ。この手法はかなり危険というか、視聴者をイラっとさせる可能性があるので、相当上手に使わないといけないと思います。

 

例えばクリストファー・ノーラン監督の力作『インセプション』は、まさに「あとは皆様のご想像に」的な終わり方をしますが、考え尽くされた脚本の甲斐あって、イラつくことはありません。むしろ「素晴らしい...! もう1度最初から見て正解を得よう」と思い、再度映画館に足を運びます。

 

困るのは、「たぶん脚本段階で、ある程度崩壊していたんだろうな...」と考えられる映画。最初に思いついたアイデアは良かったが、最終的に1つの終着点に収斂させることができなかったのだろう、と思わせる作品群です。これは視聴者が「時間の無駄だった」と感じる、残念なパターンですね。

 

f:id:moonlight3:20210115191242j:plain

 

前書きが長くなりました。今日は、映画『隠された記憶』について書きます。

 


隠された記憶 [DVD]

 

この映画は視聴者の好悪が分かれているようなのですが、それはたぶん「最後まで正解がはっきりと示されない」せいだと思います。でも私はこの映画、とても面白かったです。

 

ストーリーを少しご紹介すると...。

 

パリ在住の夫婦、ジョルジュとアンヌの元に、ある日差出人不明のビデオテープが届きます。再生してみると、自分たちの住まいを何者かが外から撮影した映像でした。不気味に思う2人ですが、やがて息子の学校にも奇妙な手描きの絵が届けられるようになり...。

 

f:id:moonlight3:20210115191221j:plain

 

もうこれ以上は書けません。これ以上書くと、全てがネタバレに繋がりそうな気がするからです。

 

最初は、テレビキャスターとして有名なジョルジュへの一方的なストーカー行為かと思いました。それでも十分怖いのですが、見続けているうちに、いや、ちょっと違うかも...というのが明らかになっていきます。

 

最終的に、私は正解に辿り着いたと思います。全編にちりばめられたヒントをまとめると、犯人はその人以外にありえない、という消去法的な選択ですが。見終えた後も、「そういうことだったのか...」という驚きがしばらく続きました。

 

私の得た解答が正しいとすると、結構普遍的なテーマを扱っていると思います。人間というのは、案外そういうものだよね...という感じで。この感想は、映画をご覧になっていない方には意味不明だと思うのですが(笑)ミステリーの感想文で難しいのは、こういうところですね。ネタを一切明かせない辛さがあります。

 

f:id:moonlight3:20210115191229j:plain


ジョルジュをダニエル・オートゥイユ、アンヌをジュリエット・ビノシュが演じています。

 

個人的な感想ですが、こういう不穏で恐ろしい映画にジュリエットが出ていると何だか安心するんですよね。彼女には独特の母性があるのでしょうか。彼女を見ていると、「恐ろしいことはこれ以上起きないのではないか。起きてもジュリエットが何とかしてくれるのではないか」と期待してしまうのです。まぁ、私の期待を裏切って、恐ろしいことは次々と起こるのですが。

 

沢山の人が死ぬとか、そういう恐ろしさではありません。ただひたすらに、心理的に恐ろしいお話です。

 

私はDVDで何度か見ました。本当によくできていると思います。

 

☆Data☆

タイトル:隠された記憶

出演:ダニエル・オートゥイユジュリエット・ビノシュほか


隠された記憶 [DVD]

 

☆お薦めのミステリー作品☆

moonlight3.hatenablog.com

moonlight3.hatenablog.com

『ギルバート・グレイプ』 演技派3人の共演

f:id:moonlight3:20210113221356j:plain

 

疲れた時に、ふと見たくなる映画がありますよね。

 

賑やかなコメディーや頭を使う推理ものではなく、静かな感動を呼ぶ作品。『ギルバート・グレイプ』は、私にとってそんな映画の1つです。

 

ストーリーを少しご紹介すると...。

 

父亡きあと、一家の大黒柱となったギルバート。彼は知的障がいのある弟を見守り、過食症の母をケアするなど、家族の幸福を第一に生きてきました。ある日、彼の住む田舎町に1人の若い女性がやってきて...。

 


ギルバート・グレイプ [DVD]

 

監督は『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』のラッセ・ハルストレムです。

 

f:id:moonlight3:20210113221402j:plain

 

ギルバート・グレイプ』は何よりもまず、レオナルド・ディカプリオの上手さが驚異的でしたね。たぶんこの映画を見た人は皆、弟・アーニーを演じた彼の姿が記憶に焼き付いていると思います。

 

レオは最初から私たちを惹きつけますが、特に後半、母親のベッドのそばで何度も彼女に呼びかけるシーンは、「米映画界に天才現る」と思わせたほど。レオはこの役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

 

主役のジョニー・デップも光っていました。存在感たっぷりの母親や、手がかかるけれど可愛いアーニーなど、個性の強い人々の間で黙々と働くギルバート。家族がつつがなく暮らせることだけを考え、徐々に疲弊していく彼をジョニーは細やかな演技で見せました。

  

f:id:moonlight3:20210113221409j:plain

 

もう1人の主役といえるのが、この田舎町にふらりとやってくるベッキー。ギルバートの人生に一筋の光をもたらす女性です。

 

ベッキーを演じたジュリエット・ルイス北島マヤ的というか、マヤと対決させたら引き分けるんじゃないかと思うほど、役になり切る人ですね。『ケープ・フィアー』で初めて見た時から、すごい人だと思って注目してきましたが、その後どんどん成長し若くして演技派女優となりました。

 

犯罪者の恋人や大人びた女子学生など濃い役の多かった彼女が、『ギルバート・グレイプ』では天使のようで、イメージが一新されました。男の子みたいなショートヘアで、レトロな洋服に身を包み、爽やかな風のようにギルバートの人生を通り過ぎます。かわいかった...。この映画でますますファンになりました。

 

f:id:moonlight3:20210113221418j:plain

 

主役級の演技派3人が共演した『ギルバート・グレイプ』は、しかし全然暑苦しくなく、淡々として心にしみます。これはラッセ・ハルストレム監督の色でしょうね。

 

私の同世代の女性には、学生時代にこの映画を見て深く感動したという人が多いです。台湾人の友人も、この映画が大好きだと言っていました。アイオワの田舎町を舞台にした小さな物語ですが、日本や台湾など国境を超えて、多くの人々の心に届いたんですね。

 

私にとっては懐かしい映画。アイオワには行ったことがないのに、何度も見たせいか郷愁さえ感じます。

 

☆Data☆

タイトル:ギルバート・グレイプ

出演:ジョニー・デップレオナルド・ディカプリオジュリエット・ルイスほか


ギルバート・グレイプ [DVD]

 

☆出会いから始まる物語☆

moonlight3.hatenablog.com

☆再会から始まる物語☆

moonlight3.hatenablog.com

☆名優テレンス・スタンプの作品☆

moonlight3.hatenablog.com

名盤 "Sarah Vaughan with Clifford Brown"

f:id:moonlight3:20210112180948j:plain

 

音楽の好みは、年齢と共に変わるものでしょうか?

 

以前は「そんなことはない」と思っていましたが、久しぶりに『Sarah Vaughan with Clifford Brown』を聴いて、そうかもしれないと思いました。

 

このアルバムを初めて聴いたのは、たぶん18歳の頃。サラ・ヴォーンが大変上手なジャズ歌手だということは分かりましたが、エラ・フィッツジェラルドカーメン・マクレエの方が好きでした。

 

しかし今聴くと、まさに名盤...。なぜこの良さが若い頃には分からなかったのか、自分でも不思議です。

 


サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1(SHM-CD)

 

特に1曲目と10曲目の "Lullaby of Birdland" が素晴らしいです。

 

f:id:moonlight3:20210112180956j:plain

 

皆様ご存じの通り、サラ・ヴォーンは20世紀ジャズ・ヴォーカル界の女王ですね。オペラ歌手並みの声域を持つことでも知られています。

 

彼女の歌を聴いていると、目の前に天井も壁もない空間が現れ、それがどこまでも広がっていくような気がします。低音から高音へと一息に飛翔する歌声が、私たちの心を思いもよらない遠い場所まで連れて行ってくれるのです。

 

素晴らしいリズム感の持ち主でもあり、美しく響く歌声は迫力に満ちています。

 

こんなに素敵なサラ・ヴォーン...。彼女の魅力を堪能できるようになるまで、だいぶ時間がかかりましたが。

 

f:id:moonlight3:20210112181010j:plain

 

おそらく、サラ・ヴォーンの歌は完璧すぎて、高校生の私には理解できなかったのでしょう。エラ・フィッツジェラルドのような親しみやすさが、サラの歌からは感じられなかったというのもあります。

 

今では私も大人になり、ジャズには必ずしも親しみやすさが必要ではないことに気付きました。また私の鑑賞能力も向上し、サラの超絶技巧な音楽世界にも付いていけるようになりました。

 

f:id:moonlight3:20210112181002j:plain

 

このアルバム、何度聴いても美しい...。サラの良さが分かるようになるなんて、年を取るのも悪くないですね。

 

☆Data☆


サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1(SHM-CD)

 

 ☆お薦めのジャズアルバム☆

moonlight3.hatenablog.com

moonlight3.hatenablog.com

moonlight3.hatenablog.com

きれいなお菓子

f:id:moonlight3:20210112233954j:plain

 

お菓子の世界は奥深いですね。

 

かわいいお菓子が大好きなAoiです。甘党の私ですが、あまりにもきれいだと、食べるよりも眺めていたい気持ちになります。

 

お菓子は美しいものを作るのに最適な素材の1つかもしれません。最近、本の記事を書く時にお菓子の写真を載せています。いつも画像サイトのUnsplashから選ばせてもらっていますが、素敵な作品が沢山あってうっとりします。

 

f:id:moonlight3:20210112234002j:plain

 

ケーキといえば、皆さん、2016年に帝国ホテル東京のクリスマス・デコレーションを担当したケーキ作家さんをご存じですか? 米・ワシントンD.C.在住のマギー・オースティンさんという方です。

 

Maggie Austin Cake

 

私は当時、クリスマス・アフタヌーンティーを食べに帝国ホテルを訪れ、クリスマスツリーに飾られたオーナメントを見て驚きました。それらは全部、シュガークラフトのお菓子だったのです。質感も色合いも繊細で、とても素敵...。そのオーナメントを手掛けたのが、マギーさんでした。

 

お菓子なので、ほんのり甘い香りが周囲に漂っているのも良かったです。お菓子の国に迷い込んだかのようでした。

 

館内の所々には、彼女が作った芸術的なデコレーション・ケーキが展示されていました。飾りに載せた花も細やかなレースも、全部お菓子。ケーキでここまでできるんだ...ということを、マギーさんの作品を見て初めて知りました。

 

マギーさんはケーキの本も出版しています。

 


Maggie Austin Cake: Artistry and Technique

 

今ふと思いついたのですが、アートのようなケーキ作品を集めた一般向けの展覧会などは、すでに開催されているのでしょうか? コロナ禍が収まったら、ぜひ開催してほしいなぁ。素晴らしい作品が集まりそうな気がします。

 

f:id:moonlight3:20210112234010j:plain

 

ステイホームが始まってもうすぐ1年。お店に出かけてケーキを食べる機会もなくなりました。でも、ケーキの写真を見ていると何だか幸せな気分になります。手作りのきれいな作品には、癒し効果がありますね。

 

☆Data☆

タイトル:Maggie Austin Cake: Artistry and Technique


Maggie Austin Cake: Artistry and Technique

漢字抜け熟語と、お薦め漢字パズル

f:id:moonlight3:20210111190023j:plain

 

漢字抜け熟語、楽しいですよね。

 

漢字抜け熟語といえば四文字。しかし先日朝日新聞be紙面で五文字の漢字抜け熟語を見つけ、衝撃を受けたAoiです。難易度はもちろん星5つ。朝日新聞で星5つのパズルが出ることは、通常殆どありません。

 

新しい...。ニコリ、どんどん進化していますね。

 

ニコリ頭脳集団を追いかけるのに必死な私ですが、世の中、同じ種類のパズルだけでは満足できない方もいると思います。

 

そんな皆さんにお薦めなのが、『漢字パズル 百花繚乱』by ニコリ。「咲き誇る漢字パズルに挑戦!」と表紙に書いてある通り、ニコリが目くるめくパズルの世界へ、あなたを連れていってくれます。

 


漢字パズル百花繚乱

 

漢字ナンクロ、ネット漢字、漢字シークワーズなど、選りすぐりのパズル25種類が掲載されています。もちろん我が心の友、漢字抜け熟語も入っております。

 

f:id:moonlight3:20210111190014j:plain

 

『漢字パズル 百花繚乱』、はっきり言って難しいです。ページを繰るうちに「すごいな」と額にうっすら汗が浮かぶほど。ここではパズルを解くだけでなく、私たちの適応力も試されているような気がするのです。

 

例えば自分の好きなパズル(私なら漢字抜け熟語)だけが収録された本の場合、どんなに難しい内容であってもルールは1つですから、頭を切り替える必要はありません。そして幾つも解いているうちに先方、つまりニコリの癖も見えてきます。「あ、こういう時に使いがちなのは、あの四字熟語だな」というのがフッと頭に浮かび、入れてみると合っている。これぞ経験則というものでしょう。

 

ゆえに同じ種類のパズルを解き続ける限り、こちらは進化する一方で、ニコリ頭脳集団との距離が縮まることはあっても離れることはないのです。

 

しかし『漢字パズル 百花繚乱』となると話は別。何しろ25種類ものパズルが収録されていますから、同じ種類のものは多くて6問、少なければ1問しか載っていません。必死で解いて正解を得ても、相手の癖を知る所まで到達するのは不可能です。「ようやくこのパズルの解き方に慣れた」とホッとするのも束の間、ページをめくれば全然別の山がそびえたち、私たちの挑戦を待っています。

 

f:id:moonlight3:20210112015305j:plain

 

というわけで、私は2年前に買ったこの本をまだ解き終わっていません。部首同士を引き離したり、漢字で迷路を作ってしまったり、『百花繚乱』では漢字もパーツとして扱われている節があります。

 

これは通常の文系頭ではいけないかもしれない。脳の一部だけでなく、もっとさまざまな場所を活性化させよ、というニコリからのメッセージかもしれません。

 

実際、とても面白いパズル本です。1種類では飽き足りない方、ぜひトライしてみてはいかがでしょう。1つ山を登るごとに、かなりの達成感が得られますよ(笑)

 

☆Data☆

タイトル:漢字パズル 百花繚乱

著者:ニコリ


漢字パズル百花繚乱

 

漢字抜け熟語の記事☆

moonlight3.hatenablog.com 

『私家版』とテレンス・スタンプ

f:id:moonlight3:20210111011145j:plain

 

皆さん、テレンス・スタンプ主演の『私家版』という映画をご存じですか?

 

最近推理ものばかり見ているせいか、『私家版』をよく思い出します。非常によくできたミステリー作品なのです。久しぶりに見たいなぁ。現時点ではAmazonプライムビデオに入っていないようですが、ぜひ入れてほしいところです。

 

というわけで、今日は私の好きなテレンス映画について書きたいと思います。 

 

1.『私家版』 

まずはこちら。ストーリーを少しご紹介すると...。

 

エドワードは、長年の友人である作家・二コラが発表した自伝的小説を読み、自分を不幸のどん底に突き落とした事件に二コラが関与していたことを知ります。彼は復讐を誓い、ある計画を実行しますが...。

 


私家版 [DVD]

 

面白いと思ったのが、復讐に「本」を使うという設定です。優れた推理ものは多々ありますが、1冊の書籍が1人の人間を極限まで追い詰めていくのを見たのは、たぶんこの映画が初めて。物静かなテレンスがそのポーカーフェイスの奥で何を考えているのか、徐々に明らかになっていきます。

 

原作はフランスの推理小説大賞を受賞しているそう。私は未読ですが、一応リンクを張っておきますね。

 


私家版 (創元推理文庫)

 

2.『悪魔の首飾り』 

テレンス・スタンプの魅力が凝縮された短編です。若かりし頃の大変ハンサムな(これは私の趣味ですが)テレンスが、忍び寄る狂気と闘い、最後に敗れるという緊張のストーリー。監督はフェリーニで、舞台はローマです。

 

f:id:moonlight3:20210111011154j:plain

 

この作品は、3人の監督がオムニバス形式で撮った映画『世にも怪奇な物語』の中の1本。不穏な空気にあふれ、スタイリッシュな映像に恐ろしいシーンをすっと差し込むなど、いつもは明るいフェリーニの恐怖を煽る手腕が凄い。一度見たら忘れられない作品です。

 


世にも怪奇な物語 -HDリマスター版- [Blu-ray]

 

フェリーニ映画の常連と言えるような、ゴージャスで芝居がかった人々が動く絵のように現れては消えるなか、ただひとりテレンスだけが本物の狂気をまとってそこに立っています。周囲との明らかなズレと、この世ではないどこかへ引き寄せられていく感じがゾッとするほどリアルで、テレンス、本当に芝居とは思えない。怖いのに何度でも見たくなる作品です。

 

 3.『プリシラ

テレンスの芸域の広さを世に知らしめたのが、ドラァグ・クイーンを演じた『プリシラ』ですね。仲間たちと3人でバス「プリシラ号」に乗り、オーストラリアを旅する物語です。

 

f:id:moonlight3:20210111011215j:plain


ドラァグ・クイーンが華やかな衣装を着てバスの上に立ち、砂漠を駆け抜けるシーンが今も記憶に残っています。

 


プリシラ [DVD]

 

この作品は後にミュージカル化され、日本でも翻訳版が上演されましたね。

 

御年81歳のテレンス・スタンプ。最近はどうしているのかしら。上記3作品の中で、いま一番見たいのはやっぱり『私家版』です。

 

☆Data☆

タイトル:私家版


私家版 [DVD]

 

タイトル:世にも怪奇な物語(『悪魔の首飾り』収録)


世にも怪奇な物語 -HDリマスター版- [Blu-ray]

Amazonプライムで見る:世にも怪奇な物語 (字幕版)

 

タイトル:プリシラ


プリシラ [DVD]

 

Amazonプライムビデオ無料体験はこちら:Amazon Prime Video無料体験

大好きな本『スコットランド 歴史を歩く』

f:id:moonlight3:20210109191102j:plain

 

昨日の記事を書く際、エディンバラの写真選びに最も熱中したAoiです。

 

スコットランドには以前住んでいたこともあり、今も大好きな国です。エディンバラはとても美しい街なので、「エディンバラらしさの伝わる写真がいい...」と熱が入り、Unsplashの素敵な画像集から更に厳選させて頂きました(Unsplashさん、いつもありがとう)。

 

スコットランドも今はコロナ禍で大変ですよね...。日本も他国を心配していられる状況ではありませんが、お互い一日も早く通常の暮らしに戻れるよう願ってやみません。

 

f:id:moonlight3:20210109191111j:plain

 

今日は「スコットランドがんばれ!」という気持ちを込めて、私の大好きな本『スコットランド 歴史を歩く』をご紹介します。

 

 
スコットランド 歴史を歩く (岩波新書)

 

スコットランドって、そもそもどういう国なの? というのは、よく人に聞かれる質問です。国、というかイギリスの一部なので「カントリー」という呼称になるかと思います。

 

私もスコットランドに住む前に、イギリスの一部としてではなく、単体としてのスコットランドを知りたいな...と思っていました。当時の私の知識はバグパイプ、タータン、ウイスキー、ハギスと、ごく普通の旅行者レベル。「エディンバラの街が大変美しく、私好みである」ということ以外、殆ど何も知りませんでした。

 

f:id:moonlight3:20210109191119j:plain

 

渡英直前に『スコットランド 歴史を歩く』を読んで、スコットランドにかなり詳しくなれたと思います。ギリギリセーフ...(笑)

 

「単体のスコットランド」という考え自体が少し間違っていたのだと、この本を読んで知りました。第1章の1行目に「まずあきらかにしておきたいのはスコットランドが一つの国ではないことだ」とある通り、中世末期以降、同国は地理的にも文化的にも、ハイランド(高地地方)とロウランド(低地地方)にくっきりと分かれていたのだそうです。

 

ケルト文化を共有するカントリーとして、一つにまとまっているのだろう。ケルトといえばアイルランドもそうだから、アイルランドの人たちともきっと似ているところがあるのだろう...。と勝手に色々想像していましたが、どれも間違っていることが本書を読んで分かりました。

 

f:id:moonlight3:20210109191129j:plain

 

また、スコットランドイングランドがあまり仲良くないことは、周知の事実ですよね。

 

そういえばラグビーの試合でも、イングランド対フランスの試合を見る時、スコットランドの友人たちはフランスを応援していました。

 

なぜ彼らは同国民のイングランドではなくフランスを応援するのか...? 何となく想像がつくその理由も、『スコットランド 歴史を歩く』を読むと詳しく分かります。

 

f:id:moonlight3:20210109191140j:plain

 

この本の著者・高橋哲雄氏は経済学者で、イギリス近代史が専門の方です。昔からケルトに興味があったそうで、まず『アイルランド歴史紀行』を、そして次に『スコットランド 歴史を歩く』を出版されました。

 

学者さんなのに内容が全然堅苦しくなく、大変読みやすいうえ、著者のケルト愛が全編に溢れています。私はスコットランドを知るためにこの本を読みましたが、その後数えきれないほど読み返しているのは、著者の目から見るスコットランドがとても好きになったからです。

 

f:id:moonlight3:20210109191150j:plain


ハリー・ポッターホグワーツ所在地でもあるスコットランド。魅力がいっぱいの国です。今はステイホームで旅行に出かけられませんが、この本を読み返してスコットランドの豊かな歴史を追体験しています。

 

☆Data☆

タイトル:スコットランド 歴史を歩く

著者:高橋哲雄


スコットランド 歴史を歩く (岩波新書)

 

☆イギリスのご当地刑事もの☆

moonlight3.hatenablog.com